×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GIMULOTα ギムロットα 効果


EDについて


現在、日本人のED(勃起不全)の患者の数は、

1000万人を超えているそうです。

ED(勃起不全)の患者の割合は年齢が高いほど大きくなっています。

しかし、20代〜40代のまだ若い年齢層の間にもED患者は存在しており、

近年、増えているようです。

EDの原因と治療について



■EDの原因  ストレス


対人関係、金銭トラブル、キツイ仕事等、何かとストレスの多い現代社会、

精神的なストレスがEDの原因になります。

セックスでの失敗がトラウマになってEDになることもあります。

若い世代のEDの原因に多いのがストレスです。



◆対処法


とにかくストレスをためすぎないようにするしかありません。

ストレスがたまっていると自覚したら積極的にストレス解消を

するようにしてください。

ストレスがたまっている状態が普通になってしまうのは危険なので

ストレスがたまっている事を自覚することは大切なことです。





■EDの原因  病気


EDの原因になる病気の代表に糖尿病があります。

糖尿病で血糖値が高いと、自律神経がおかしくなって

性的な刺激を受けてもペニスが反応しにくくなります。

高血糖の状態では血液の流れも悪くなり、

ますますペニスが勃起しにくくなります。


糖尿病の人は高血圧になりやすく、

高血圧は動脈硬化を引き起こすことになります。

動脈硬化の状態の血管は狭くなっているので、

ペニスに血液が集まりにくくなるのでこれもEDの原因になります。



糖尿病患者のED患者数は健康な人の倍以上の割合とのことです。



◆対処法


医師の診察を受けて生活習慣を見直し、改善してください。

肥満の状態にあると糖尿病にかかるリスクが高くなります。

肥満だと前立腺肥大症にかかりやすくなりEDのリスクが

高くなるので注意が必要です。





■EDの原因  タバコ


タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる効果を持っています。

血管が収縮した状態ではペニスがしっかりと勃起できるだけの

血液が海綿体に行き渡らないので、EDになってしまいます。



◆対処法


タバコをやめるのが最も効果的ですが、

タバコはなかなかやめられないものですから

普通のタバコよりは害が少ないと言われている

加熱式タバコに変えているのも良さそうです。





■EDの原因  男性ホルモンの減少


男子ホルモンの減少はペニスが勃起しにくくなる原因になります。

年をとるほどに男性ホルモンは減少するので、

高齢なほどED患者が多いのはこのためです。

朝起きた時にペニスが勃起している回数が減ってきたら、

それが男性ホルモン減少のサインであり、EDの始まりと言えます。


私自身は、30代半ばを過ぎた頃に朝の勃起の回数が減り、危機感を覚え、

いろいろ調べて試してみました。その結果、39歳の現在は、

数年前よりもペニスが元気な状態です。


また、筋肉の量が少ないほど、男性ホルモンの分泌が減少します。



◆対処法

筋肉を鍛えたり、サプリメントの摂取で男性ホルモンの分泌を

促進するように努めてください。

筋肉を鍛えることで肥満の防止も期待できるので一挙両得です。






EDの治療薬として代表的なバイアグラは薬なので、

個人差はありますが副作用が必ずある上、効果は短時間です。

実際に使用したことのある人には、効果の持続時間に不満がある人もいると思います。


ということで、当然ですが、やはりEDは根本的に治した方がいいです。


EDは、血流が不十分であることが原因の大部分を占めています。

【GIMULOTα】のような血流をスムーズにする作用があるという

シトルリン配合のサプリメントを摂取し続け、

血流を良くするのもいいと思います。

天然の成分によるもので副作用の報告がないので安心です。